朝霧高原から望む朝焼けです。

思えば、朝霧高原で朝を迎える経験が非常に稀なことに気付きます。

朝焼けを狙うにしても、たいていは精進湖や本栖湖に行ってしまいます。

この日はライブカメラを見る限り、本栖湖は確実に曇っていたので、避けることにしました。
本栖湖と精進湖は地形的にも位置的にも条件が近いので、同じ状況であることが予想されます。

微妙な曇り予報で、誰も撮影に出ていないだろうと思っていましたが、
やはりこの日はあまり撮影者はいなかったようですね。

朝焼けの予感はやや当たりで、この写真がピーク時。
遠くは良く色付きました。

富士山の頭には、高層の雲と笠雲が一体化したような雲が…
これは間もなく富士山の頭に雲がついてしまいそうな雰囲気です。

夜が明けてくると、精進湖のライブカメラでも様子が見えてきて、
なんとか晴れているようなので、1焼けが終わり2焼けが来る前に移動。
しかしこれ以上綺麗な光景にはならず、富士山は雲の中に消えました。

この時間の色が一番良かったです。

しかしようやく富士山の雪が増えて白い冠雪が際立つ。
美しい姿です。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年2月8日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。