精進湖より2月の朝焼け。

精進湖での朝焼けは上手く焼けると大変美しいのですが、
なかなか良い条件には巡り合いません。

この日は朝焼けを予感して西側を目指すも、
ライブカメラを見ると本栖湖はガスの中。

精進湖も近くを通過しましたが、霧が立ち込めていて
富士山の展望は微妙そう。

朝は朝霧高原で夜明けを待ちましたが、
ライブカメラを見ると精進湖が晴れていそうなので戻ってきました。

しかし到着時には早くも富士山は雲に覆われつつあり、不発の予感。

いよいよ朝焼けの時間になると、遠くの空が美しい色に色づいていましたが、ここまで。

富士山の頭は雲に隠れてしまい、空全体が赤くなることはありませんでした。

暖冬と言われなかなか氷結しなかった富士五湖ですが、
いよいよ精進湖は半分ほどが凍っていました。

必ず湖畔の石を投げ入れる人がおり、氷上に石が散らばっていました。

氷に僅かに反射する赤色もよく見ると美しいです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年2月3日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。