秋の定番、河口湖の紅葉と富士山です。

2日前にいろいろと歩きまわりポイントを見定めておいたため、
2日後のリベンジではスムーズにポイントを回ることができました。

1日で上手く撮りきろうと思うと難しそうです。
富士山の撮影、本当に簡単ではありません。

しかも、葉に日が当たる時間というものもあります。
富士山のヌケ(霞具合)や光線状態の関係で、なるべく早い時間帯の撮影が好まれますが、
紅葉に日が当たらなければどうしようもありません。

ここは、日が当たるのが遅かったです。
「さあ撮るぞ!」と来てみたらまだ真っ暗で(笑)
他でまた時間つぶしをしました。

再び戻ると、既に先客がいて、譲り合いながらの撮影。

ちょうど私がポイントに入った時に風が弱くなり、
うっすら逆さ富士も絡めて撮ることができました。
河口湖の紅葉は有名ですが、逆さ富士と絡めて撮影できるポイントはほとんどないため、
貴重なショットになったのではないでしょうか。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年11月26日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。