前夜入りして、夜明けにかけて夜間撮影を重ね、
ようやく迎えた朝焼けのラストシーンです。

11月後半となりすっかり冬の気配ですが、
この日は塩見岳から朝日を望もうかずっと悩んでいました。

しかし体力的、スケジュール的、気象条件的に判断して断念して、
比較的麓に近い櫛形山に変更。

だいぶ気が楽になりました。
甲府盆地からのアプローチ時間で言えば10時間ほど差がありますから(笑)

しかしこの変更は正解。
初冬の塩見岳も経験してみたかったですが、こちらからも良い光景でした。

前日の夕方から湧きだした雲が東にあり、朝焼けは期待できず。
少し隙間があったようで、最後の最後で左側だけの朝焼けとなりました。
色はとても綺麗でした。

低い雲海も少し発生し、漂う靄も非常に良い雰囲気。

塩見の次点候補としてやってきた割には、期待を良い意味で裏切る絶景でした^^

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年11月26日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。