雲海はもっとも好きな被写体。
雲がないと、富士山の撮影はちょっと物足りないものになります。

この日は未明からすごいボリュームの雲海。

日の出の頃に広く平らに落ち着き、以後は薄くなって
そのまま消えていくのかと思いましたが、
突然またモクモクと沸き立ってきます。

夜中から3時間以上にわたって撮影していましたが、
常に表情が変わり続け、なかなか撮影を終わらせてくれない富士山でした。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年7月2日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。