富士山山頂から見下ろした火口の全貌です。
魚眼レンズで撮影。

この日は笠雲に阻まれ、残念ながらご来光を見ることはできませんでした。

しかし日の出からしばらくして、雲が晴れて青空快晴となりました!

雲海が3000m以上と思われる高さまで出ており、ほとんどの場所では雲の下だったと思われます。
日の出後に確認した限りでは、南アルプスすら雲の下でした。
つまり本州付近で雲の上に出ているのは富士山だけ!?

下界は曇りのようでしたが、ここでは素晴らしい空気。
見たこともないような透き通った青空。
もはや空気が薄いので空でもないような。

光を反射する物質が空気中に少ないため、そもそも光を反射せず空の色が少し暗く見えたりもします。
地上では絶対に見られない景色。
飛行機からの光景に近いですね。

あまりの素晴らしい雰囲気にすっかり呑まれ、
寝不足だったにも関わらず、元気にお鉢巡り♪

これだけ景色がよいと一つも疲れません。
気分よくこの火口を一周しました。

それにしても富士山の火口は「ちょうど良い」大きさですね。
歩くにも90分くらいで遠すぎず近すぎず。
飽きないし、物足りなくもない。

そして魚眼レンズで撮るとちょうどすっぽり収まるのも素敵です(笑)

実は1年以上、このレンズを紛失していたのですが、
今回の登山計画にあたって部屋を捜索してみると、見つかりました…^^;
おかげで良い光景を収めることができました!

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年7月2日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。