本栖湖リゾートのダブルダイヤモンド富士の写真̌̎静かなる畔で̏̍

『 静かなる畔で 』

★★★☆☆
Nikon D800E / SMC PENTAX A645 35mm F3.5

真冬のこの時期に、ひっそりとダイヤモンド富士が撮影できる本栖湖リゾートから。
これのために入場料が1000円掛かります。

田貫湖のダイヤモンド富士の人気を考えると、やはりダブルダイヤは撮って損のない被写体と考えました。
今まであまり興味はなかったのですが、今回は時期を見計らって出撃!

6時前くらいに到着し開場を待って、いざスタンバイです。
池は一部凍結していますが、逆さ富士を出すために新しく水が供給されます。
一応、撮影のために整えてくれており、これのために払う1000円ですね。

しかし、気温はマイナス5℃くらい?で、水を撒いているそばから表面が凍っていきます。
薄い氷の膜が流氷になって漂い、逆さ富士を邪魔してしまわないかヒヤヒヤしましたが、
最後には自分の前からどきました。
手前に氷が流れて来てしまった人は、逆さ富士が撮れなかったかも。

そして、今回私はあまりにも油断しすぎた撮影で、失敗の連続でした。
「ただ撮るだけ」なんていう気持ちでいましたが、かなりいろいろと気を遣う結果に。

先ほどの流氷事件もそうだし、カメラの微妙な高さや置く位置の調整、また給水ホースから飛んでくる水しぶきへの対処など。

それから、小さい池だから逆さ富士は出るのだろうと思っていたのですが、
実は風があると逆さ富士は出ません。
昨日も来ていたという隣の方曰く、昨日は全く逆さ富士は見られずだったそうで。
1000円払ってそれじゃあ切ないです。

今日は日の出直前にピタリと水面が止まって期待したのですが、
ちょうど太陽が出た時には少し風が吹いてしました。
完璧なる鏡面にはならず。

それから、油断により3つものミスをしました。

まずはレンズの汚れをしっかり拭かなかったため、余計なフレアーのようなものが出てしまいました。
田貫湖のダイヤモンド富士で同じ経験をしたのに、全く活かせていません。

もう一つは、露出をオートにしてしまったこと。
オールドレンズは中央でしか測光できないようで、微妙な光の変化で露出が大きく変わってしまうことがあります。
日が出る前はもう少し明るく撮れていましたが、太陽が出たためにかなりアンダーに撮影されてしまいました。
この凡ミスはただただ情けない。

それから、欲張って縦位置・横位置の構図を両方撮ろうとしたこと。
おかげで中途半端な写真が多くなり、いいタイミングを逃しました。

冬至からまだ半月とはいえ、日々太陽の昇る方向は動きます。
ここからド真ん中付近で撮影できるのは、年に4日ほどですね。

簡単なようで難しい、富士山写真の基礎が問われています。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2018年カレンダー
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年1月9日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。