スカイツイーと富士山の定番ショットです。
冬になると快晴の日が多く、この日は夕方まで雲が出ないと思ったので出撃しました。

朝は湘南、三浦半島で撮影し、さらに周辺ロケハンしたあとで千葉。
かなりのロングドライブでお疲れです。

撮影ポイントは三脚禁止・ガラス越しのため、撮影には工夫が必要です。
こういった撮影に際しては様々な工夫をして人それぞれ対処していきますが、
今回は準備不足のため、使用したのは衣類と、小さいクッション1つのみ。

フリース、ネックウォーマー、クッションでカメラの構図を決め、
ダウンジャケットを暗幕代わりに使用してレリーズでシャッター。

比較的思い通りのことはできましたが、やはり細かく見ると少しカメラがブレている様子。
ガラス越しとはいえ、上部は風が吹き抜ける構造になっているため、この日はかなり風が吹いていました。

いろいろと制約が多いため、撮影は不自由そのものです。
日が暮れていくのがいつもの3倍くらい早く感じました。
あっという間に撮影終了。

空の明るさと街明かりのバランスがベストとなった時間帯の一枚です。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2018年カレンダー
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年1月8日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。