冷たく静かな夜がじわりと明けてゆく。

寒さ厳しい冬の朝に、端正な富士が望める場所に立った。


うっかりのんびりとしてしまうと、空はすでに明るみ始めていました。

撮影のメインは、太陽が出て富士山に直接陽が当たるタイミング。
…そう思っていたのですが、うっすら夜明けに色づいた富士がずいぶんと美しい。

この時期にしては温かい雨が降った後で、富士山の雪はコッテリと濃くて、白がいっそう美しく見えます。

雲の朝焼けに「1焼け」と「2焼け」があるように、紅富士にも1番と2番がある。

現場に到着したとき、ちょうど1番焼けのピークのあたりだった。

慌ててカメラをセットしてすぐさま撮影。
見事に美しい姿をとらえることに成功しました。

シンプルでとくに珍しいこともなく、普通の朝だったのですが。

改めて富士山の美しさ、そして夜明けの色の美しさ。空気感。

ベースにあるそういったシンプルなものを存分に感じました。

また、「2焼けの紅富士が撮りたい」と思って来ても、結局「1焼けの紅富士」のほうが良い写真が撮れてしまう。

写真家の狙いなんて浅はかで、自然は常に想像を超えてくる。

想像通りの写真を撮るのは面白くありません。
いつも自然に驚かされ、翻弄されながらカメラを向けてシャッターを切る。

なんだか、ありそうでなかった一枚がまた作品に加わりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年12月14日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。