冬の人気撮影テーマである、河口湖冬花火です。

朝から静岡、山梨と走り回った一日。

朝霧高原でパール富士を撮り終えた後、自宅へ帰る途中でちょうど花火開始の20時が近づいてきました。

非常に混雑するので敬遠してしまうのですが、せっかくなのでチャレンジ。

あまりにも人気が出ているため、最も難しいのは「場所取り」です。

早い人は昼くらいから三脚を立ててスタンバイしていることでしょう。

今回は、多くの人が撮るであろうポイントを避けてみました。
というより、ギリギリの時間に定番の位置に行っても入る場所はないだろうと思いました。

停められそうなところに車を止めてカメラを取り出すと、ちょうど20時を回って花火がスタート。

そこから撮影位置までダッシュ!!!

もう花火が上がっていたので位置取りはしやすかったです。
十分に撮影スペースも残っていて、三脚をしっかりと立てると、花火開始5分でようやく撮影開始です。

そこから約20分の撮影。

今回はちょうど満月と重なったため、富士山も比較的明るく照らされていました。

花火の写真は、富士山と別に撮って合成する手法が主流ではありますが、
今回はタイミングを見計らってワンショットのバルブ撮影で収めることができました。

富士山を明るく出すために絞りを開けると、花火が飛んでしまいやすかったので次の課題としたいです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年2月12日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。