朝焼けと雲海を狙っての登山。
しかしかなりビミョーな朝焼けに終わってしまいました。

夜中から出ていた笠雲は多少小さくなったものの、朝まで残りました。

思ったより雲が多く、朝焼けも来ないまま不発かと思われましたが、
最後にようやく赤い光が到着。

左右を見渡すといい色になっている方角もありましたが、
順光方向では背景のブルーに赤がほとんどのまれてしまって色が出ません。
よほど盛大な朝焼けにならないと難しいのが順光側。

この手の繊細な赤色はiPhoneカメラのほうが見た目に近く良い発色をしてくれ、
一眼レフで撮ったものは現像で調整してやっと色が出てくる程度。
肉眼では、もう少し色づいて見えたのですが。

赤富士の狙いもあったのですが、この曇天では全くの不発。

ここのところ行けども行けども曇の日に当たっていて、
なかなかスカッとした富士山に出会えません。

あえて難しいラインに挑みすぎているのか?最近ちょっと勘が鈍いです。

雲海はなかなか面白かったですが、
理想には届かない展開で低評価の一枚に。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年7月7日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。