夕焼けを狙うも不発に終わり、その後のシチュエーションです。

南風が入り、雲海や吊るし雲が夕方前から発生していました。
ヌケがあまり良くないのは残念でしたが、
今夜は満月ということで、粘ってバルブ撮影をしてみることにしました。

アバウトな狙いでしたが概ね理想的な展開に。

西に沈む太陽と交代で東から月が出る。
満月の昇る方角は太陽のそれと季節が反対。
思惑通りに富士山の近くから上がってきました。

雲が厚く月が見えている時間はほとんどなかったものの、
雲が薄くなったところから輝きが届いてきました。

そのタイミングでバルブ撮影。
単に雲海と富士山を撮ろうとしての撮影のつもりが、
シャッター中に富士山の手前に雲が横切ってアクセントに。

これを皮切りに雲が増えて富士山は隠れ、撮影終了でした。

唯一のショットですが油断して露出アンダーになってしまったのが悔やまれます。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年7月3日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。