月光に照らされる富士山、山中湖より撮影しました。

私が「銀富士」と呼んでいる、マニアックなシチュエーションの富士山です。

富士山に積もった雪がある程度溶けて氷のような状態になっていると良く、
そこに太陽光や月光がちょうどいい角度で入射してくるときだけ見ることができます。

太陽光でのシーンもマニアックですが、更に月光での撮影は究極です。

最初は広角レンズを使い成功法で撮影していたのですが、
一緒に撮影していた仲間が突然、望遠レンズでの撮影を開始。

月光に輝く斜面をクローズアップしてみると、それは迫力のある光景が映し出されました。

なのでこの写真の手柄は、最初にアイディアを出した彼にあると思っています。
彼はこの時に撮った写真を大手フォトコンテストで上位に入選させました。

私は二番煎じながら、自身でも非常に気に入っている一枚であります。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年4月2日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。