南アルプスからの月の出です。
秋になると日の出と富士山の組み合わせは定番ですが、
ここから月の出と富士山の写真を撮っているのは大山行男氏くらいでしょう。

私もこのショットは半分偶然。
だいたい日没後に月が出てくることは頭の片隅にはありましたが、
何時頃どのあたりというところまで考えていませんでした。

月が出てきた瞬間は真っ赤な小さな点だったため、
浅間山が噴火したかと思い一瞬パニックになったという撮影秘話付きです。

この時間はナイトハイク中で、
雷が光っているため岩陰に避難しながらの撮影でした。

結果論ですが、手前の岩場が少々邪魔なので、
もう少し開けたところから撮れれば良かったかなと思う一枚でもあります。

このショットのシャッター中には雷がかなりの光量で光っており、
雲海を照らす要因になっていると思われます。
発光していたのは画面左方向です。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年8月26日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。