精進湖より望む夜明けの一枚。

晴れの日が続いていても、少し南風が入ってくるような日には、雲が出やすくなります。

この日も朝には南風が強まり、ちょうど雲が出てくる頃かな?と思い撮りに出ました。

見事思惑通り、快晴だった空にチラホラと雲が出現してきました。
こういう展開は、天気予報だけ見ていてもダメで、天気図や風向きを観察する必要があります。

まだほとんどが晴れている空に、少しだけ湧いた雲。

ちょうど富士山の頭上を通りかかろうとする細月の周りを囲むように、小さく群れを成していました。

雲はすぐに流れ、大きさも濃さも変化していきます。

何枚もシャッターを切りましたが、画面にバランス良く散らばって、
まとまりのある構図になったのは、この1枚だけ。

笠雲などもそうですが、風景写真でも、動きのあるものは非常にチャンスが少ないものです。
他には湖面のゆらぎ、ダイヤモンド富士、海の波などもそう。

連続してバシャバシャとシャッターを切っていても、使えるのは1枚だけということもしばしば。
このシーンもそういった状況でした。

夜明けの時間でシャッター時間を要することもあり、前後のカットはバランスが悪く、本当にこの1枚のみです。

ちょうど夜が明けてくる空に、中央の月、逆さ富士、そして雲が良いエッセンスになり、画面がまとまった瞬間でした。
風景写真も奥が深いです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年2月26日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。