思い切った切り取りで写し込んだ逆さ富士です。

この日は、夜明けまで凍っていなかった水面が、夜中に凍り始めるというシチュエーション。

通常は2月ともなれば全面氷結している時期ですから、
さすがに一時的な雨で溶けたとはいえ、ギリギリまで水温は下がっていたと思われます。

物理化学的に言うと「過冷却」の状態にあったのではないかと思います。
刺激を与えると凍り始めるという。

表面に薄く、チラホラと凍っている様は見たことがないものでした。

日の出を迎えて空がオレンジ色に染まる頃、望遠レンズを手に持って様々な切り取りを試しました。

水面に映る逆さ富士でも、やはり存在感の大きい富士山。

そして氷の繊細な表情を同時に写し込むことに成功。

変わり種ですがなかなか気に入っている一枚です。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年2月24日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。