月と笠雲の共演です。朝霧高原より撮影。

この日は日本海で低気圧が発達する予報が出ており、
2日前から”何かが起こりそう”とざわついていました。

ちょうど3日前も似たような天気図になり、笠雲が出ました。

今回も可能性は高いと予想しており、出撃の心構えはしていました。

すると前日19日の22時頃には、思ったより早めに笠雲が登場。
この時間はまだ月明かりがなく暗すぎると思い、撮影には出なかったのはちょっともったいなかった。

結局、月と笠雲を絡めてやろうと思い朝霧高原まで急行。
20日の未明2時20分過ぎのパール富士を狙ったのですが、ちょうど月の出の時間に雲が増えてしまい撃沈。

ところがそこから回復を見せ、見事な笠雲が形成されました。

このような笠雲や吊るし雲が出るケースでは、天気図などにも寄りますが、
直前まで雨が降っていたり曇っているケースもあります。

天気図、風向き、そして現在の状況と照らし合わせて、今後どのように展開するかを予想しています。

天気予報では曇りマークとなっていましたが、やはり雲が激しく変化する面白い展開になりました。

この朝こそ、雲が崩れてしまい朝焼けはいまひとつでしたが、
全体的な変化・流れとしては完璧に読みきった展開で充実感がありました。

もはや写真の技術ではなく、天気の予想のほうが重要になっています。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年2月20日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。