夜の笠雲のシーンです。
ちょうど夜明けが迫ってきている時間帯。
笠雲や富士山は月光に照らされて輝いています。

この日は夜中に吊るし雲が発生して長時間浮かんでいました。

なんでもかんでも撮りに行ってしまうと時間も体力も無理が来てしまうので
自宅待機で様子を見ており、朝になろうとしていました…

夜明けが近づいてもあまり変化がなく、今朝はゆっくり寝ようかな…
と思ったその時!ライブカメラで笠雲を確認。

これには慌てて飛び起きて撮影へ。

そしてすぐさまカメラをスタンバイして撮りはじめました。

なんとか笠雲を収めることに成功。こちらに引っ越してきた甲斐がありました。

この後は、さらに狙いたいシチュエーションがあるため移動したのですが、
その頃には笠雲の形が崩れてしまい、いまひとつになっていました。

結果的には、しばらくここで撮り続けるほうが良いのが撮れたと思います。

地元にいたとしても、シャッターチャンスを確実に物にするのは
簡単なことではないと思い知らされます。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年2月17日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。