6ٸの富士山山ংより望む朝焼けの写真̌̎日本Ӡの目覚め̏̍

『 日本一の目覚め 』

★★★★☆

大山行男氏の写真に憧れ、登山経験が少ないながら登ってきた6月の富士山頂にて。

富士山の最高地点である「剣ヶ峰」から山頂火口を覗き込むと、
正面が北東の方向となり、それは夏至の頃の日の出の方向と重なります。

憧れの写真の通り、山頂にはまだまだ雪が多く残ります。
もちろん、登山道にもたくさんの雪が残っていました。

まだ夜明け前の山頂に辿り着くと、やはり夏とは違い強い風が吹き抜けていました。

素早く撮影を始めようとザックを雪の上に置いたところ、
急に吹いた風で、重たいレンズが入ったままのザックが雪の上を滑り出した…!

慌ててザックを掴み事なきを得ましたが、あと少しで崖の下へ15万円もするレンズとザックを落としてしまうところでした。
ザックがなければ、撮影に使っているカメラや三脚はどうやって持って下山できたでしょうか?

…それがこの日の悪い思い出です。

薄雲が張り詰めた空が明るみ始めると、文句なしの朝焼けが迫ってきました。

日本一の頂で見たこの日の朝焼けが、私が幾度となく体験してきた朝焼けのNo.1です。



この写真はピーク前の1焼けの状態で、まだ夜景も残っています。

自然の素晴らしい表情を目の当たりにしているわけですが、
雪面には人が通った足跡やスノーボーダーがつけた跡が残っており
写真としてはパーフェクトとはなりませんでした。

有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年5月16日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。