茶畑も、探すと定番構図以外にもうまく富士山と組み合わせられる構図があったりします。
型にとらわれずにいろいろな構図を探していきたいところです。

ところが近年では、防霜ファンや電柱・電線、家などの人工物を入れずに撮影できる茶畑は非常に少なくなっています。
とくに防霜ファンが立ってしまって撮れなくなってしまう茶畑が目立ちます。

よって、残された数少ない撮影ポイントにカメラマンが押しかける事態になっています。
気合の入っているカメラマンは日の出前からスタンバイし、光線状態が良くなるまで何時間も待っていたりします。

当たり前のことですが、茶畑は私有地であり、本来は立入禁止ですが、
農家の方のご理解の上で撮影することができます。
カメラマンとトラブルがあり「撮影禁止」なんていう話もありますので、くれぐれもマナーには気を付けたいところです。

ひどいカメラマンは余計な木を勝手に切ってしまったり、ゴミを捨てて帰ったり、
茶畑に三脚を差し込んで立ててしまうなど、信じられない話も聞きます。
それ以前の問題として、茶畑に近づきすぎない、道以外の敷地は歩かない、
農道や邪魔になる場所に車を駐車しないなど、気をつけるべきマナーがたくさんあります。

あまり迷惑行為が目立つと、「撮影禁止」になってしまう可能性があります。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月5日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。