一つ前の写真の縦構図バージョン。
RAW現像を別々にやったので少し色味が異なります。

朝のいい光線状態を逃しているのでPLフィルターの効きが悪くなり、
元画像はだいぶ空が明るくなってしまっています。
裏ワザ的なのですが、見栄えを整えるために空の色だけを少し暗くしてバランスを取る処理を加えています。

部分的な画像処理は賛否がありそうですね。
悪い言い方をすると「ウソの写真」ということになりますが、適材適所という感じでしょうか。
RAW現像全般に言えますが、明らかに違和感のある”やり過ぎ”処理にならないように注意したいところです。

部分的な調整は、フォトコンテストなどに応募する際はNGでしょう。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月5日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。