一応、ダイヤモンド富士です。
富士山が形を一切見せてくれませんでしたが、太陽が重なった瞬間だけはそこに富士山があることが分かりました。

この日は朝からピーカンで、昼ごろに薄雲が沸きました。

衛星画像を見ると、雲の帯は富士山を通過し、次第に晴れそう。
西に高気圧があるので夕焼けを期待し、ダイヤモンド富士が見られる城ヶ島へ急ぎました。

予想通り雲は東へと流れて晴れてゆき、広角でないと雲は写りません。
これは望遠気味としているので、一見ピーカンですが、上部に雲があります。

ヌケは朝からいまひとつ、午後にかけて奇跡の回復を期待しましたがダメ。

昼間では南西の風でまだ良かったようですが、夕方にかけては西風の影響が強まったと思われます。
中国からの黄砂や大気汚染物質の影響でしょう。
ちょっとひどめの春霞でした。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月3日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。