雪の富士山登山道で見たきらめく光景。
あまりに美しい氷の世界に、ついつい足を止めてカメラを取り出しました。

新雪の富士山に登るのは初めてのこと。
8合目を過ぎると徐々に雪が増え始め、一面が白の世界に変わっていきます。

見慣れぬ景色に出会うと、ついついテンションが上がって楽しくなります。

この辺りは、まだ完全な雪ではなく「氷」という状態。

「雨氷」という現象がありますが、それに相当するのかもしれません。
雨が凍りついて透明な状態で固まることです。

標高によって気温が異なり、下は雨で上は雪になるわけですから、
冠雪直後の富士山を登っていけば、どこかでこのような現象に巡り会えるのかもしれません。

今回の登山の一つのテーマとして「冠雪直後」というものがありました。
雪が降ったばかりであれば、足跡などもなく美しい光景が見られると思ったからです。

やはりその考えが正解でした。
人の入った形跡がほとんど見当たらない、大自然を味わうことができました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年11月12日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。