月夜の山中湖にて。

12月ともなるといわゆる「冬型」の天気図となり快晴も増えてきます。
しかしふと冬型が緩んだ時に、面白い雲は発生するものですね。

快晴と思っていた湖畔にガスが発生。
月光の下で輝いて、幻想的な雰囲気となりました。

富士山は、今年話題になった「横一直線」の模様が入っている状態。
月明かりを反射して山頂部分が明るく輝いています。

風がなく湿度が高いこういったシチュエーションでは、
体でも何か凛とした空気を感じて、とても心が洗われるものです。

気持ちも体感も違うし、写真にしてもどこが幻想的で凛として見えます。

写真では伝えきれないかもしれませんが、
この日は素晴らしい空気感を感じました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年12月23日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。