2015年、初冠雪の富士山です。
徐々に雲が晴れて富士山が顔を出し、
その後は南風による面白い雲の展開が見られました。

笠雲や吊るし雲の一種とくくることができるかもしれない雲です。
気流は南寄りで、富士山の頭の上で発生して広範囲に広がっています。

風の下流にも雲があったのですが、
広角レンズで目一杯取り込んでなんとか映し込むのが精一杯でした。

その笠雲もどきと吊るし雲もどきの間には、青空が広がっていました。

そこは天井が開けて青空を覗く「天窓」のような空間でした。

非常に面白い雲、そして綺麗な青空は良かったのですが、
富士山が影になってしまったのが残念。

このような状況では、なかなか富士山の表情を
望遠レンズで切り取ることもあまり気が向きませんね。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年12月23日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。