ちょっとデザイン的なカットです。
空をテーマに切り取りました。

正攻法とは違った構図とは思いますが、また新しい感覚です。

鳳凰三山へは何度も足を運んでいますが、
朝は観音岳、日が昇ったら薬師岳まで歩いてから下山というのがお決まりのコース。

この日は思ったより良い雲海が出て、半逆光に眩しく輝いていました。
雲海の高さが比較的高めで、富士山の存在感を際立たせ、
また撮影ポイントの高度感を表現するのに最適。

非日常的で素晴らしい光景でした。
ここまでの雲海は期待しておらず、予想外の収穫となりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年7月15日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。