夕暮れの港を前景に、遠く佇む富士の風景。
なんとも優しげな夏の光景でした。

最近よく考えていること、それは、
「富士山の写真を撮ること」と「富士山のある風景を撮ること」の違い。

似ているようで、よく考えてみれば違うとも言えるこの2つの考え方。
風景写真なのか富士山写真なのか。

どちらかと言えば「富士山そのもの」を追いかけていた私にとって、
こうした「富士山のある光景」を撮ることはちょっと新しい挑戦。

環境の変化、心境の変化があって、今回は積極的にチャレンジしてみました。
富士山そのものの魅力を伝えるのではなく、
富士山を取り入れて「写真として魅せるものを」と。

今までも、結果的にそういう写真が撮れたことはあったかもしれませんが、
今回のようにしっかり完成図を先に描いて撮影に出たのは実は初めてだったかもしれません。

やはり、そういう狙いがあって撮っただけあって、作品として面白味のあるものが出来上がりました。
気象条件的には、湿度のある空気で空には色が出やすく、
またわずか一筋ですが上空に浮かんだ雲があるとないとでは大違い、
見事に空を引き締める効果を果たしてくれました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年7月22日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。