予想外の展開が待っていた!
勝手な予想ながら、この日は夕焼けはないと思っていました。

条件としては日本海付近に台風から変わった温帯低気圧。
一日を通して強い南風で湿度が供給されます。

出るかと思っていた笠雲はとくに目立ったものは出ず。
夕方にかけて薄雲が広がってきました。

低気圧があるのが日没方向=北西方向なので
太陽は雲の中へ落ちていくイメージ…
と思ったのですが、確認した衛星画像には雲が映っていなかったのが不思議でした。

焼けないとは思いつつも三脚を構えて待っていると、染まる染まる!
結果的には低気圧は思ったより北に逃げており、暑さのせいなのかあまり雲が湧いていませんでした。

こんなことなら山中湖などもっと別の場所に構えていれば良かった。

この一枚は夕焼けの最高潮。
ジワリジワリと彩度を増して空を染め尽くしていきます。

夕焼けはしないとさえ思っていたものの、なんとも条件は良かったようで
この後も色づきが長時間キープ!

最後は20時を過ぎても遠くの空は赤く染まったままでした。

この日の夕焼けは雲が繊細で柔らかく、また色味もグラデーションしていて優しかった。
「劇的」という感じではなく「美しい」というイメージでした。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年7月14日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。