雁ヶ腹摺山の雲海と富士山の写真̌̎輝く大海原̏̍

『 輝く大海原 』

★★★★☆

超レアな光景です!
午後の大雲海と、そこに浮かぶ島々…いや山々、そして偉大なる富士山。

この日は夜中のうちから三つ峠に登っていましたが、
下山後、友人とハイキングで雁ヶ腹摺山を歩きました。

時間はもう午前10時くらいとなり、雲海などとっくに消えているはず…

だったのですが、なんということでしょう!?
消えないのです。雲海が消えない。

大抵の場合、このような大雲海は、朝になれば湧き上がって、自分が飲み込まれてしまいます。

しかしそうならなかった理由は、高層に雲が張っており、
太陽光を遮ってくれたことがあると考えられます。

太陽光が当たり気温があがると、上昇気流が発生して雲海が乱れるのですが、
太陽光が遮られたおかげで、気流が安定して、雲海が落ち着いたままだったのではないでしょうか。

それにしても奇跡の条件だったと思います。

結局この日は、昼を過ぎ、夕方を過ぎ、夜になり、深夜…
それでもライブカメラで確認すると、この雲海は変わらないままでした。

私が富士山を始めてからもう4年ほど経ちますが、
知る限りではこのようなシチュエーションは初めて見ました。

本当に貴重な条件です。

翌日に台風が直撃するという天気の中で、
自然が創り出した不思議な奇跡のシチュエーションだと思います。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年10月15日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。