満月に照らされる雲海がものすごい迫力です。

奥ほど雲海が高く、2段になっている?という不思議な感じ。
この日は北風がそこそこ拭いており、画面で言うと右から左へ常に雲が流れている状況でした。

ちょうど皆既月食が見られる日の朝のこと。
西の空へ満月が沈んで行くところでした。

(正確に言えば「満月の日」でしょうか。この月が沈み、また昇って夜の8時前がちょうど満月です。)

この手のボコボコした雲海は、あまり長いシャッター時間をチョイスしてしまうと
平らになってしまい、せっかくの立体感が失われる場合があります。

そこでここでは絞りを解放にし、ISO感度400(私の中では高めの設定)で、
シャッター速度は30秒としました。

動きが適度に表現され、かつ月光によるデコボコ感も出る。
なかなかインパクトのある描写になったのではないでしょうか。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年10月9日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。