雲海が高いと見てやってきた高山。
何度かこの場所で雲海を見ていますが、その中でも目の前にまで迫る高さは初めてです。
2500m以上の高さに広がっていると思われます。

夜中は雲海がまばらだったり、場所により高さのバラつきがあったりと落ち着かない様子でしたが、
この時間になるとほぼ平らになりました。

雲海がなぜこのように広く平らに広がり、これ以上上には雲がないのか…?
いつも不思議に感じています。

この日は高気圧に覆われた天気図で、ピーカンも予想される状況でしたが、
下方に雲は残ったようです。

高気圧は下降気流を発生させるので、その影響で雲が一定の高さに押さえつけられるのかな?と推測します。
本格的に気象の勉強をしたいところです。

高層の雲が富士山の頭の高さを横切り、うっすら冠雪しているようにも見えますが、
まだ実際には冠雪していません。

早く雲上に浮かぶ真っ白な富士山を見たいものです。
冠雪が待ち遠しい!

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年10月9日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。