南アルプス・赤石岳から望む朝の光景です。
標高3120mの高地では、全てを見渡せるような気分になります。

下界はすっかり雲海に覆われて曇っているでしょうが、
こちらでは太陽の光が眩しい夜明け。

雲は、地表付近、山並みにかかるもの、そして富士山付近やその上にも。

空のあらゆる高さに雲が出ていました。
もちろん自分がいる場所も例外ではなく、いくどとなく雲に飲まれ、
レンズは結露し、カメラもびしょ濡れになってしまいました。

そんな中で必死にとらえた朝の景色。

ちょうど太陽が雲の裏に逃げるように隠れたタイミングで、
直接光を遮って撮影したもの。

強い光線による画像の乱れもなく、空の様子がハッキリと見える。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年3月5日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。