赤石岳から望む黄金の雲海と富士山の写真̌̎狭間は黄金に輝いて̏ - 南アルプス中・南部エリア࿸静岡ݼ・長野ݼ࿹̍

『 狭間は黄金に輝いて 』

★★☆☆☆

赤石岳から日の出のシーン。
しかし、富士山の頭は雲の影に…。

この日は朝焼けもあり、吊るし雲もありとバラエティに富んだ展開。

背後から迫るガスが晴れると、向こうには黄金に輝く光が見えました。

あまりにも眩しい。キラキラと輝いている。
漂うような幻想的な雲海は、その光に照らされて圧倒的な煌めきを放つ。

しかし、富士山だけが…見えない。

残念ながら、黄金の雲海と富士山を一緒に撮ることは叶いませんでした。

一方、インターネットですぐに他人の写真が見られるこの時代。
赤石岳よりやや標高が低く手前に位置する千枚岳から、千枚小屋のスタッフがしっかりと富士山を撮影。
また別の仲間が櫛形山から富士山を撮影。

この日は、標高が高いほど雲が邪魔してしまったよう。

これが、高山の運命。

雲海など下に遮るものがあれば、高いほど有利。
しかし、高いが故に、高いところに雲が湧くと視界を遮ってしまいます。

非常に難しいところ。
高いところに行けば景色がいいとも限らないのです。

こういったところは非常に頭を悩ませますが、それでも私は思うのです。
「高いところが好きだ」と。

こういう日もあるさ。
それでも、苦労して登ってきた、高いところからの眺めは特別。

たとえ景色が見えなくても、やっぱり高いところは気持ち良い。
結果に拘らず、まずは自分に素直になって、好きなところに向かう。
そういうマインドが大事なんだと思いました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年9月30日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。