梅雨明け間近の7月後半。

雨上がりの天気回復で、予報では朝まで雨という情報もありましたが、
ライブカメラを見ていると回復が早まっている様子でした。

まだ落ち着かない天気でしたが、運良く当たればと思い、出撃しました。

出発が遅れたので近場の山中湖周辺で。
連休ということもあり「人文字」が撮れれば良いと思いましたが、
雲海が出ており標高は下げられそうもありません。

高台から雲海を狙うのがベターです。

雨上がりの場合、水分がまだ空気中で落ち着かないことが多く、朝方の冷え込みで変化する可能性が高いです。

この日も間違いなく雲海が増えてくると読んで、初めて夜中に明神山へ登りました。

雲海が比較的高く、パノラマ台あたりも雲海に呑まれたりしている中、
思惑通り雲海を下に見下ろします。

ところがこの撮影が事実上のラストカット。

この後、嫌な雲がどんどんと押し寄せて、富士山はあっという間に隠れてしまいます。

それから朝までアウト。

山の上からライブカメラをチェックすると、赤富士は綺麗に染まっていたのですが、
頭には雲が付いてしまいスッキリしませんでした。

ちょっと微妙とは思っていましたが、予想どおり微妙な朝となってしまいました。

明神山からの眺めは、山中湖からの高低差もあり、見下ろすような感覚で爽快な眺めです。
パノラマ台あたりのほうがバランスは良いかもしれませんが、状況に応じてですね。

三国峠を通過する車のヘッドライトが暗部に光をもたらしてくれ、全体のバランスが少し良くなりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年7月23日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。