山中湖から見上げる吊るし雲です。

『蒼の妖怪』からおよそ30分後の別カット。
http://fujisantotomoni.jp/photo/tNMWjnXXUf

一時は、渦を巻いていた吊るし雲ですが、形を変えました。

翼のような形をしています。
吊るし雲の芸術は非常に興味深いものがあります。

富士山の山体が綺麗な形をしているからこそ、
それによって発生する笠雲や吊るし雲も綺麗な形になります。

このような翼の形をした雲は、初めて見た時には「なんと珍しい」と思いましたが、
実はときどき発生します。

どうやら、富士山の両脇を回り込んだ風が、富士山の正面で再びぶつかって発生するようです。
これは非常に面白いですよね。

しかし実は、撮影したのは初めてです。
人の写真で何度か見たことがあったのですが。

あいにく、東の空もしっかりと曇っていて、朝焼けはありませんでした。
これが真っ赤な朝焼けに染まれば、「不死鳥」とでも名づけたかもしれませんが、
今回は青の闇に飛び交う「蝙蝠(コウモリ)」と表現しました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年7月20日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。