雲海に朝焼けというシチュエーションも、富士山が薄くては始まらない…
ちょっと期待外れの朝となりました。

日の出から時間が経つに連れて、わずかに富士山の姿が見えやすくなったでしょうか。
それでも薄いですが…。

私の後に登ってきた方は、ついに一枚も写真を撮らずに下山していきました。

かたや、後から登ってきたもう一人の方は、右に左にカメラを向けてバシャバシャと数百枚のシャッターを。(ちなみに、知り合いの方です)

人によってこうも撮り方が違うものか、と考えさせられますね。
ちなみに私はその中間くらいで。

あまり良いシチュエーションとは言えないので、シャッターは控えめに。
光線状態や雲の様子が変わったなと思ったら、画角を変えながら2~3枚撮る程度です。

雲海と富士だけでは味気ないので、手前の岩と木を入れて撮影しました。
高山からの展望は、このような切り取り方ができるので素晴らしいですね。

紅葉や樹氷の、スカッとした写真を撮ってみたいものです。

ちなみに先日フィルムカメラを入手したものの、いいシチュエーションに出会わないため未だ出番がありません…。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年7月24日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。