夏になるとやってくるこの定番構図。
垂直に立ち上がる天の川と、登山道の明かりが作る「人文字」は同時に収めることができます。

去年、知人の写真を見て今年は挑戦してみようかと思っていましたが、
タイミングをあまり綿密に考えておらず、撮影出遅れ。

しっかりと撮影体制に入ったときには、もう天の川は垂直を過ぎ、富士山から離れようとしていました。

それでもいいと思うんです。
全てが真ん中で、全てがまっすぐで、全てが一致して…そんな写真だと計算ずくめじゃないですか。

それもひとつ大事ではあるんですけど。
あくまでネイチャーフォトですから、あまり作為的な狙いが画面に出てしまうと、逆に不自然という印象を与えることもあるんではないでしょうか。

ダイヤモンド富士もそうですが、「山頂から昇るから美しい」のは確かですが、少しずれて山腹から昇る太陽も美しいです。
「必ず真ん中でなければ」という固定観念は、捨てたほうが良いのかもしれません。
撮影は臨機応変に。

今回も、ズレた天の川の構図決めにはやや苦労しましたが、これもまたひとつの表現としてアリではないでしょうか。

この日は登山客も多くて登山道もしっかりと光、
空の空気感も良く、天の川もかなり綺麗に捉えました。

綿密な狙いがなかった割には、まずまずの仕上がりになったと思います。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年8月9日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。