これは作品というよりもテストショットです。
作品としても、ある程度は面白みのあるものにしようとは思いましたが。

この日は、新戦力のフィルムカメラのテストをしたくて、
どこかいい撮影場所がないかと探していました。

慣れた山中湖が良かったのですが、あいにくガスが出てしまった曇っている模様。
湿度も高く、こちらもいつガスるかわからない。

仕方なく、梨ヶ原の中でテスト撮影に向きそうなポジションを見つけて停車。
いろいろ妥協したくなかったのですが、仕方なく手前の道路を入れた構図を使うことにしました。

まずは、なれないフィルムカメラのシャッターやミラーアップ、フィルム巻き上げ操作、絞りのセットなど基本的な操作に慣れて、体に馴染ませること。
この辺りはまあ一度やれば大丈夫です。

それから7本まとめて入手したそれぞれのレンズのテストを。

レンズそれぞれの描写のクセはないのか、また単純に綺麗に映るのか、周辺光量落ちや解像度の問題はどうなのか。
デジタルとの発色の違いはあるのか。

いろいろ見たいことがあり、まずは1回現像までやってみなきゃ!ということです。

ということでこの場所に車を停めて、デジタルでまず撮影し、露出を参考にする。
その露出に対してフィルムカメラの測光は同じ値を示すか。

AEの精度やクセはあるか。
画面の下の方を拾って測光しやすいという噂は本当か。

などなどです。

ひとまず今回はとにかく撮る!ということで、ちょうど3カット切っていたフィルムの残り7カットを、それぞれ7本のレンズに対して使用。

全てのレンズでシャッターを切り、初めてブローニーフィルム1本を使い切ったのでした。

そんな思い出の場所。

雲が湧き始めていた富士山ですが、ちゃんと最後まで頭は見えていてくれました。

後半、雲が多くなったところを望遠レンズで測光したため、プラス補正しないとシャッター速度が遅くなるという結果になりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年8月9日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。