精進湖の逆さ富士です。午後に撮影。

鏡面のようにピタリと止まった水面の描写と、
よく見るとうすら透き通って湖底の石などが見えているところがポイントです。
絶妙な自然の表情です。

このときは湖の一部が凍っていたこともあり、全体として波が立ちづらい状況でした。

そこでギリギリまで湖面に近づき、遠くの凍った部分を極力入れないように撮影。

多くのカメラマンは三脚を立てて自分の視点の高さから撮影しますが、
写真の表現力を存分に活かすためには、いろいろなアングルから狙う探究心が必要ですね。

ヌケが非常に悪い日ではありましたが、綺麗な逆さ富士が見られて良かったです。

この後は波や風によって流氷が湖岸まで運ばれてくるなど、
またいろいろと自然の力や面白さを感じながら撮影できました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年1月24日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。