なかなか愉快な笠雲が出ました。
朝焼けの後の田貫湖にて。

この日は、豪快な朝焼けがあるも、富士山の頭には雲がついてスッキリせず。

湖畔では知人カメラマンにも会い、写真談義に花を咲かせていました。

それも終わって解散、それぞれ帰路についていくところでした。

私はのんびりと湖畔の空気感を楽しみ、
富士山の表情をぼんやりと眺め、
この後の行動予定を考えながら荷物の整理などをしていました。

すると、ふと見た富士山の笠雲はなかなか良い形に!
いかにも「帽子」というような整った形になりました。

笠雲の変化はとにかく早い!
2~3秒目を離してまた見ると、形が変わっています。

シャッターチャンスは一瞬。
好みの形になった瞬間にシャッターを切らなくてはなりません。

こちらは何枚か撮影したうちの一枚。
雲間から薄日も射して少し立体感も出ました。

ヌケは非常に悪かったので、クッキリはしませんがこれもまた味わいか。
現像時にコントラストを上げると、より印象的な仕上がりになりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年9月8日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。