カメラマンにとっては期待の台風。台風の光と影。
私が富士山の撮影を始めてからは、初めての台風直撃となりました。

雨が上がり、日中、徐々に富士山にかかる雲が取れていきました。
そして上空の雲はしっかり残っています。
この貴重なチャンスをどこで迎えようか?と悩みました。

山中湖か?いや、風が強いから逆さ富士が出ない…
シルエットよりも光を浴びる赤富士+夕焼けがいいだろうか?
この雲の出方なら順光でも焼けそうだ…

逆さの出る確率も高い田貫湖で狙ってはどうか!?
うん、そうしよう。田貫湖で強烈な赤富士と順光の夕焼けを狙うんだ!

そう思って家を出る…

しかし、車の運転中に気が変わる。
ふわりと模様を描いて舞う雲、これは逆光で輝かせたほうが見応えがあるのではないか?

そして浮かんだのがこの箱根。
逆光側でも標高があり、広く空を取り入れられるため、盛大に焼けても広角でいける。
遠くまで見渡せるので、空がよく見えるはず。

日没がやや左寄り気味になるが、西空が十分に晴れているため焼け方に偏りが出にくいはず。
強烈な西日が空全体に渡るだろう…

とここまで計算してやってきましたが少々後悔^^;
シルエットになってしまった山々が勿体無い。
せっかくの夕焼けなのだから、湖面や海面に写すが正解。

また、空が広く見えすぎたために、取れきれなかった残りの雲が少々。
”完璧”を望むならここではなかった…

もちろん、素晴らしい夕焼けではあったのですが…
今はちょっと後悔にさいなまれています。
海で撮ればよかったと。

やはりカメラマンの皆さんには「台風センサー」があるのか、
この夕焼けを捉えた写真は数多いですね。
皆さんの写真もたくさん見て勉強させていただきました。

田貫湖からの赤富士も、海からの素晴らしい夕景も見ました。

この後もさらに色濃くはなったのですが、
雲の表情と、黄金に染まった空がとても印象的で、
これが今回の夕焼けのベストショットです。

-

上記キャプションは撮影当初2013.9.19に別サイトにて書いたものを転用しました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2023年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年9月10日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。