北岳稜線からの光景。
日は高く昇り雲海が沸き立って、上空は秋の雲。
雲の繊細な模様に感動し、シャッターを切りました。

この日は北岳に登って4日目。
連日、日の出後はすぐにガスってしまう展開でしたが、
この日は高気圧の影響もあり雲の発生が遅い。

北岳山荘に滞在していて、軽い散歩のつもりで
北岳山頂に行くか間ノ岳に行くかという選択でしたが、
間ノ岳方面へは先月に縦走したばかりなので、
去年10月以来足を運んでいなかった北岳山頂を目指すことに。

こういうとき、カメラは思いから持って行かなくてもいいかな?
と思うのですが、やっぱり必要なんです。
何が起こるかわからない!

こんなに素晴らしい雲が出るとは。
富士山こそ雲海が湧きすぎて小さくなってしまいましたが、
見事な秋らしい雲。
ブルーの空に白く輝いていました。

富士山の背後に見えるような筋雲が出たときは、
天気が悪化するサインというのを本で読んだのですが、
その通り、この夜は雨となりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年9月25日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。