小赤石岳山頂からです。
美しく色彩を放つナナカマドを前景に配して撮影してみました。

この日は午後もよく晴れ、赤石岳から稜線散歩。

ラクダのコブ付近の紅葉が綺麗でそれをメインに撮影後、
前回歩いたときは雨で何も見えなかった、小赤石岳を訪れることに。

そこに見事に色づいていたナナカマドを発見。
しかしとても不思議なこと。

赤系の紅葉は散るのが早く、黄色い葉が色づく頃には枯れていてもおかしくない。
ましてや標高も高く、風の吹きつける稜線上です。

事実、これより下のナナカマドはほぼ全滅しており、
さらに標高の高い稜線でここまで見事に残っているというのは不思議でしかありません!

原因はわかりませんが、何かの理由でタイミングがずれたのでしょう。
日当たりが悪く、成長が遅かったのかもしれませんし…。

空もやや濁ってきた時間でしたが、
せっかくだったので、丁寧に撮影させてもらいました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年10月9日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。