私が出会った夕焼けの中でも最も凄かった日の一枚。

日中から薄雲が漂っており、「今日は焼けるかも」と予感。
いつもより体が軽く、気付いたら富士山に向かっているという感じ。

富士山の呼ぶ声に、呼び寄せられていきます。

一旦はどんよりした空に太陽が完全に消え、諦めムードとなりました。

しかし後からみるみる空が染まり始め、
「もうピークか」と思った後もさらに色を濃くして染まり続けます。

偶然現場を通り掛かったライダーも「すごくね!?」と大興奮の様子。

あまりの劇的な光景に、D800EとD700を2台体制でシャッター切りまくりです。
レンズ交換もしましたが、刻一刻と変わる表情を考えると時間が勿体無いです。

この日の夕焼けはあまりにも劇的で濃厚な色だったため、
ダイナミックレンジの狭いD700ではもう色飽和状態で、綺麗に撮れません。
カメラからしても想定外の色といったところでしょうか。

素晴らしい瞬間に出会うことができましたが、
平日だというのに人気の撮影ポイントは人で埋まってしまい、入れませんでした。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月19日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。