定番ながらやはり美しいこの景観。
多くの人を魅了して止まない長野県の撮影地。

この日は冠雪の富士、薄いガス状の雲海が少し、
そして富士の背後にちょっとした朝焼け。
これだけ揃えば文句なしでしょう。

あとは夜明けの微妙な時間、街明かりが残るうちにシャッターを切るだけ。

真正面からの正攻法な切り取りですが、「それで良い」と言わしめてくれます。
距離があるため、望遠で切り取らざるをえない、それが一つのマジックなのでしょう。

空と夜景とのバランスは難しいところですが、
このカットでは空は明るめ、街は暗めでコントラストがあり、雰囲気が出ました。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年10月11日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。