ӣ面山のダイヤモンド富士の写真̌̎彼方より出づる̏ - ӣ面山・身延エリア࿸山梨ݼ࿹̍

『 彼方より出づる 』

★★★☆☆
Nikon D800E / SMC PENTAX 67 75mm F4.5

七面山のダイヤモンド富士を狙って連日の撮影。

天気は、ある程度は予想できても最後にはどうなるかわからない。
とにかく分かることは「晴れればダイヤモンド富士が見られる」ということだけ。

曇ってしまうか、雲海が出るのか、霞んでしまうか、そういうところは運任せ。
とにかくすごい写真が撮りたければ、行くしかないのです。

ということで、前日の22日と合わせてこの23日も連続撮影することにしました。
2日続けてやればどちらかで何かが撮れるだろうと思い。

結果は22日が雲海、23日はピーカンでした。
どちらも強い春霞でしたが、これもまた雰囲気ということで。

この夜は急な冷え込みで雪が降り、富士山を隠すような雲も湧きましたが、
明るくなる頃にはすっかり晴れて快晴。

見事、ダイヤモンド富士を拝むことができました。


しかし写真としては、あまり面白くはないです。
苦労はかなり詰まっていますが、見る人が見なければわからないでしょう。

山からのダイヤモンド富士は、手前が黒く潰れてしまうだけなので
これだったら苦労して登るよりも、海辺で撮るほうが見応えがあるっていう話です。

しかし山からのダイヤモンド富士には、雲海がついてくる可能性があるので、
その可能性に賭けるならば、ダメ元でも登らなければならないということです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年3月24日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。