3年連続で北岳に登ることができました。
雲海と朝焼けに浮かぶ夜明けの富士山です。

思えば、この地に憧れて無謀なチャレンジをした2年前…

そして今年はデジタル&フィルムカメラに三脚2本、さらに自炊セットとフル装備で臨み、3泊という強行日程で。

それでも天候に恵まれず、富士山が見えた朝は1日だけでした。

しかも鳳凰三山で1泊2日の日程を終えた次の日に、北岳で3泊という正に強行日程。

鳳凰三山から望む紅葉の北岳の姿は惚れ惚れするほど勇ましく、
「こっちにも登っておいでよ」と北岳に呼ばれた気がして、さっさとやってきてしまったのです。

しかし天気には裏切られました(笑)

そんなこともある。
天気を恨むようなことをしてはいけません。

我々は自然のもとに生きているのですから、文句など言ってはいけないのです。

1日だけでも良い景色が見れられて良かったというものです。

朝焼けに浮かぶ富士山は、まさに神々しく、私は感動に包まれました。

大山行男氏の写真集で見た写真を思い浮かべて重ね、
「きっと彼もこんな景色を見ながら撮影したのだろう」と
イメージをリンクさせていたら、ちょっと涙が出そうになりました。

まだまだ、彼の技術・体力・感性と比べれば足元にも及びませんが。

見た目には感動しましたがこの日はちょっと霞みが強くてぼんやりした雰囲気。
”強烈な朝焼け”とは少し違った、柔らかい朝だったと思います。

なので、イメージ通りの写真とは違います。

また、感動する一枚を仕留めるためにこの場所へ行くことでしょう。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年10月11日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。