標高およそ2900mにある北岳山荘から望む夜の富士山です。

心身ともに疲れ果てながらも撮影した渾身のバルブ。

2泊の予定で臨んだ北岳登山でしたが、欲張ってもう一泊し、3泊目の夜のこと。

山奥ゆえ、月光がないとかなり暗くなってしまうことにも気付き、
月光で撮影できるチャンスは23時頃まで。

しかし日中から北岳周辺はずっとガスにまみれ、しかも強風。

3泊目も富士山が見えないで終わるのか…?と不安でいっぱい。

チャンスを逃すまいと、最低でも30分に一度はアラームをかけながら寝て、
窓から様子をうかがいます。

何度も寝ては起き、寝ては起き、と繰り返してロクに休めない夜。

すると願いが通じたのか、突然ガスが晴れた!
確かに遠くに富士山らしきシルエットが見える。

慌ててカメラをセッティングして撮影にとりかかります。

部屋には2名の相客がいて、迷惑にならないよう一度は外に出て撮影を始めたのですが、
あまりの暴風でこれは落ち着いて撮影できないと…
ワンカットだけ撮影して部屋の中に戻りました。

その後は、相客の迷惑にならないよう、端の窓から夜通しの撮影となりました。

真夜中の北岳から望む光景は、全てを飲み込むような荒れ狂った雲海。
その先にしっかりと富士山が佇んでいました。

このまま朝まで撮影を楽しみたいところでしたが、
次第に雲が増えて再びアウト。
朝はガスに包まれ、富士山を望むことはできませんでした。残念!

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年10月9日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。