深夜の雲海です。
南アルプス標高約2800m地点から。

山小屋などの宿泊拠点からすぐ富士山が撮れるというのは素晴らしいことですね。
欲を言えば、寝床から一歩も歩かずに撮れたら素晴らしい(笑)
こちらはテントの中からシャッターを切った一枚です。

南アルプス4泊の大縦走で、この最終日の雲海が一番動きがあり面白かったです。
前日には夕立のような雨もあり。

一面を埋め尽くすシルクのような雲海。
月光に照らされて怪しげな雰囲気。

ちょうど山脈が雲海の仕切りとなって、堰き止めていたり。

するとこの時だけは、右側の隙間から雲海が溢れてきたではありませんか。

ゆっくりと空中を忍び寄る真夜中の雲海。
床が浸水していくような様子を上から見守ります。

このまま朝には雲海が手前まで埋め尽くすのかと思いましたが、
この雲海はなんと引っ込んでしまい、朝は向こう側のみ雲海でした。

雲の動きは予測不能です。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2018年カレンダー
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年8月18日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。