紅葉の山並みと富士山が望める絶景ポイントより。
ただし、数人がカメラを構えるとスペースがいっぱいになってしまうような、小さな崖の上です。
いくら絶景とはいえ、ここに人が殺到するようになってはマズイなぁと思いました。

さて、この場所には2日前にも訪れたのですが、
富士山の山頂をはじめ、空に雲が多く出てしまってパッとしない天気。

普段、「雲ひとつない快晴は写真に向かない」と豪語しているのですが、
紅葉に関してはピーカンが一番良いなぁと思います。
もちろん、少しなら雲があっても良いです。

ということで、2日後にリベンジしにきて、撮影できました。

しかしこの日はここまで綺麗に晴れるとは予想できずに、
朝イチでの撮影時間は寝坊してしまいました。
明るくなってからここに向かってきたので、到着時にはだいぶ日も昇ったところでした。

紅葉は2日前のほうが色付きがまだ良く、この日はもう終盤といった感じ。
今年は例年より1~2週間も紅葉が早く、しかも2度の台風が直撃しているため、カメラマン泣かせでした。

ここの紅葉は台風の影響はどうだったのか、
どうも赤い色の葉は早々に散ってしまった雰囲気がありました。
残された黄色やオレンジがなんとか彩りを保っている状態。

紅葉のピークはわずか数日ですから、数日曇っているうちにすぐにチャンスを逃してしまいます。
ここからの紅葉も去年からずっと狙っていましたが、それでもタイミングを逃しました。

年により早い・遅いもありますから、情報収集も大事ですね。
簡単なようで難しい、富士山と紅葉の撮影です。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2018年カレンダー
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年11月5日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。